ビジネスにはデジタルはダメ?ベルトの革の色はどうする?

ビジネスにデジタル時計は良くないか

日本の時計メーカーも世界で人気があります。その中でも主にデジタル時計で知られているメーカーがあります。通常腕時計といえば機械式時計やアナログ時計の方が人気がありますが、若者を中心にどんどん広まりました。このメーカーでは人気ブランド以外にも多くのデジタルタイプの腕時計を販売しています。ビジネスシーンにおいてデジタル時計が良いかどうかは意見が分かれる所でしょう。もし新入社員がデジタル時計をしていたら、上司からその時計は良くないといわれる可能性があります。見た目がカジュアルすぎるからかもしれません。デジタル時計でもビジネスに合ったモデルもあります。時間を瞬間的に把握するにはデジタルの方が優れているので、使えないわけではありません。

男性なら革の色を合せるようにする

ビジネスシーンにおいて、男性は多くの人がスーツを着ます。スーツの足元はビジネスシューズで、革靴が多くなるでしょう。スラックスを履くときはベルトを装着します。又財布や定期入れなどでも革製品を使うときがあります。革製品の色は黒から濃い茶色、明るい茶色、緑などの色のついたものなどがあります。決まっているわけではありませんが、できるだけ色を合わせたコーディネートが良いとされます。靴の色が黒ならスラックスのベルトも黒にするなどです。では腕時計のベルトはどうかですが、そろっていた方がイメージとしては良くなりそうです。靴や腰のベルトが黒いのに時計のベルトが明るい茶系統だと少し違和感を感じそうです。濃い色同士なら多少違っても合わせやすいです。

ロレックスは、実用性やファッション性だけでなくステイタス性も併せ持った高級時計として知られており、世界中で高い人気を誇ります。