ローソファのススメ!同時に注意点もチェック

圧迫感が少ないローソファ

ローソファを選ぶメリットは圧迫感を小さく抑えられることです。ソファはサイズの性質上、設置することで大きな存在感を生み出します。特にスペースが狭い部屋ですと占有スペースが必然的に多くなりますので、部屋を狭苦しく感じさせてしまうのです。
しかしローソファですと高さがないことで空間にゆとりが生まれます。圧迫感が減れば開放的な気分を感じられ、ソファを置くことの弊害を感じづらくなるはずです。

和室にもおすすめのローソファ

足つきソファと違って和室にもマッチしやすいのもローソファならではの良さです。基本的に和室は高さのある椅子を置く場所ではなく、置いたとしてもマッチしにくいです。床に這うローソファは比較的和室との相性が良いですから、インテリア性を重視する場合でも使いやすいでしょう。

欠点も踏まえた選択を!

デメリットは低いゆえに立ち上がりにくさを感じやすいことです。立ち上がりの便利さで言えば、やはりある程度の高さがあった方が楽ですので、ローソファに不便を感じてしまうかもしれません。特に柔らかめのクッションですと沈み込みが大きくなりますから余計に使いにくく感じる可能性があります。
足つきのローソファは掃除の際に不便を感じるのもデメリットです。十分な高さがある一般的なソファと違い掃除機も入りにくい微妙な高さゆえに、床面を掃除したい時に煩わしく感じられることもあるのです。また、足のないタイプにしても、それはそれで移動に苦労して同じく大変に思うこともあるでしょう。

通常のソファよりも座面が低いソファのことをローソファといい、天井が高く見えるというメリットがあります。