知れば得する!ロレックスを高く売るポイント

買取相場を決める要因

ロレックスには、デイトナをはじめ、サブマリーナやエクスプローラー、そしてGMTマスターなどのモデルがあります。買取価格の相場としては、定価やデザインは勿論、市場の流通量や人気の程度によって決まります。具体的な査定に関しては、時計の状態が詳しく調べられ、傷や故障がないか確認されます。その際に、付属品や保証書の有無も査定額にかかわってくるわけです。それ故、将来ロレックスを買取に出すなら、ケースや付属品を保管しておくことが大切です。

査定割合は定価で異なる

買取相場で高値が付くロレックスは、市場で人気のモデルや型番で、色も重要な要素です。査定に出されるモデルの多くは定価が100万円以下で、買取の相場は定価の5~7割と言われています。一方、100万円を超えるモデルでは定価の8割以上で買い取られることもあります。但し、定価が300万円を超える高額モデルは、逆に需要が少なくなり、定価の3~5割と低くなる傾向があります。

存在感のあるモデルとは

ロレックスの買取で高値が付くのは、現在流行ているデザインです。2000年から2017年にかけてはゴールド系が人気で、その傾向は強まっています。文字盤に関しても、大きいタイプが好まれており、存在感のあるモデルが流行しているわけです。その代表がスポーツモデルで、ベーシックデザインのドレスウォッチよりも定価に対する査定割合が高くなる傾向があります。中古品でも定価の5割以上で買い取られることが多く、ベーシックモデルより1~2割高くなっています。

ロレックスは高い人気があるため偽物が多く、買取依頼の際にトラブルが生じることがあります。身分証以外にメーカーが発行する保証書を必ず添付するのがロレックス買取を適切に進めるための条件です。