いつか売ることを考えているのなら!ブランド品の保存方法

保存状態によって買取価格が変わる

ブランド買取では、保存状態が査定額を大きく左右することは珍しくありません。良い状態でブランド品を使い続けたい時は勿論、将来的に売ることも考えているのであれば、正しい保管方法を覚えておくことがおすすめです。

ブランド品のバッグの場合

ブランド品のバッグを劣化させてしまう原因のひとつが、湿気です。湿気が多い場所においておくと、ベタつきや素材の剥がれなどの問題が発生しやすくなります。そのため、保管をする時には湿度が高い場所を避けておくことが大切です。クローゼットなどに保管する場合は、乾燥剤を入れておくと良いでしょう。長期間保管をする場合は、定期的に風通しの良い場所で陰干しをしておくことがおすすめです。そしてもうひとつ、気をつけておきたいのが色あせの原因となる紫外線です。紫外線は、日光だけでなく蛍光灯の光にも含まれています。そのため、保管をする時には日光は勿論、蛍光灯の光も届きにくい場所に置いておくことが大切です。

腕時計の場合は保管前の一手間

腕時計は、手首に直接巻きつける形で使います。そのため、使った後には埃以外にも皮脂や汗など様々な汚れが付着した状態となります。これらの汚れをそのままにしておくと、錆びが発生する原因となる可能性があるため、使い終わったら汚れを拭き取っておくことが大切です。保管前に、柔らかい布で拭いておくという一手間を大切にすることで良い見た目の維持に繋がります。時計によっては時期の影響を受けることがあるため、問題なく動く状態を保ちたいのであればテレビやパソコンなどの側は避けて保管しておくと良いでしょう。

ブランド買取店では不定期に、商品を指定して強化買取期間を設けることがあります。該当するブランド品を所持していれば通常より高く買い取ってもらえるので、買取店の公式サイトはこまめにチェックしましょう。